ブレーンストーミングとは

誰でも意見を言える状態

これまでの会議では、あまりスムーズに進まなかったり、意見が出なかったりするなどの問題点はありませんでしたか。
ブレーンストーミングを意識すると。もっと会議が活性化します。
すると、新しいアイデアをたくさん出すことができます。
そもそもブレーンストーミングとは、何という意味なのかみなさんは知っていますか。
それは意見を自由に言い合うということです。
新人でも関係なく、意見があったら発信して良いというルールです。

ブレーンストーミングを意識すれば、社員同士の仲が良くなるメリットがあります。
特に新人は、まだ会社に慣れていないので緊張しているかもしれません。
そんな時は先輩社員が積極的に気にしてあげることで、新人は緊張をほぐせると思います。
誰でも意見を言い合える環境を作れたら、自然と仲良くなれるでしょう。
すると仕事をしてトラブルが起こった時に、すぐ相談できます。
新人は何でも自分で解決しようと思ってしまう人が多く、その結果トラブルが大きくなります。

視野が広がることも、ブレーンストーミングのメリットです。
他の人の意見を聞くことで、自分では思いつかなかった考えを把握できます。
会議をするうちにたくさんの意見を聞いて、柔軟な発想ができるようになるでしょう。
すぐに、その意見はダメだと否定しないでください。
ブレーンストーミングのルールは、絶対に他人の意見を否定しないことです。
否定すれば、そこで会議が終わってしまいます。

もっと会議を効率良く進めよう

新人は、斬新な考えを持っていることが多いです。 ですが、自分はまだ意見を言えるような立場ではないと思っているかもしれません。 せっかく良い意見を持っているの、発言できないのはもったいないです。 会議では、ブレーンストーミングを常に意識してください。

社員同士の絆を深めよう

ブレーンストーミングをすると、社員同士の仲間意識が強くなります。 すると和気あいあいと仕事を進めることができますね。 わからないことがあれば、質問できる環境を作りましょう。 トラブルが起こったら、一丸となって立ち向かってください。 すると早く解決できます。

人の意見を聞いて参考にしよう

たくさんの人から意見を聞くと、自分の意見がまとまりやすくなります。 また新人の新しい発想は、自分では思いつかなかったかもしれません。 どんな意見も肯定的に取り入れることで、自分を進化させることに繋がります。 何でも意見を否定するのは、良くありません。

TOPへ戻る